臨床心理士について

様々な心理的課題を抱える方などに対して、臨床心理学などの専門的知識・技能に基づいた援助を行う専門職です。
これらの専門職は、心理カウンセラー、サイコセラピストなど様々な名称で呼ばれることがありますが、臨床心理士は、(財)日本臨床心理士資格認定協会が認定を行っています。

援助の方法

臨床心理士は、臨床心理学など心理学の知識や諸技法を生かして、専門的に援助を行います。臨床心理士の専門的活動は、大まかに心理アセスメント、心理面接、臨床心理学的地域援助、研究活動に分類されています。


心理アセスメント 面接や心理検査により、問題の状況や課題などを明らかにします
心理面接 心理カウンセリング・心理療法により、心理的な問題の克服や困難の軽減に向けて支援します
臨床心理学的
地域援助
個人だけでなく環境に働きかけ、情報の整理や関係の調整などを行います
研究活動 臨床心理学の知見を確実なものにし、深めていきます

臨床心理士の活動の場

臨床心理士は、医療・保健、福祉、教育、産業・労働など、様々な領域で働いています。ただし、国家資格でなく、必置規定もないため、どういうところに行けば必ずいると言うことは困難です。現在、スクールカウンセラーは都道府県により多少の違いはありますが、その多くが臨床心理士です。私設心理相談を行っている臨床心理士もいます。私設相談機関は、日本臨床心理士会のホームページで探すことができます。

臨床心理士になるには

(財)日本臨床心理士資格認定協会が指定する、心理学を専攻する大学院修士課程を修了し、資格審査に合格した場合に、認定を受けることができます。詳しくは、リンクのページに進んで、(財)日本臨床心理士資格認定協会や一般社団法人日本臨床心理士会のホームページをご覧ください。